2007年03月06日

わが子がいじめられているときとわが子がいじめているとき

我が子が他の子をいじめて、泣かしてしまった。


子どものけんかに親は口出ししないほうがいい、と言う。
でも、「我が子がいじめられているけんか」と、「我が子がいじめているけんか」と、「我が子が関係していないけんか」とでは、親としての気持ちが違ってくる。


幼稚園に入ったころは、みんなにいじめられて、とてもかわいそうだった息子。
今では、いじめっ子になっている。

私も、我が子がいじめられることには敏感でも、いじめているときは鈍感だ。


幼稚園では、いじめられて泣いている子を抱きしめてあげればいいと、教わった。
そうすれば、いじめた子も、いじめられたときに、僕も抱っこしてもらえるんだなとやさしさがわかるからと。


でも、仲のよい友人の子供を、我が子がいじめたとき。
どう、フォローしたらいいのだろう?
友人に対してと、友人の子供に対して。

友人が、
「気にしないで。大丈夫だよ」
と言ってくれると、ほっとしちゃうけれど。
でも、友人の親心が傷ついているだろうなあと伝わってくる。


我が子が、友人の子をいじめると、そこで友達関係が切れるときもある。
逆も、しかり。


それでも、私と友人の仲が続いていくとき。
なんと、ありがたいことか。
未熟な親である私と、今後も親子ともども、付き合ってくれるなんて。

いじめる我が子を、いじめないようにうまく説得できないから、何か他のところでサービスしちゃおうと思っちゃう。


まだ小さい子どもたちの付き合いには、親同士が仲良いかどうかが、大きな鍵でもある。
あの人の子どもなら、まあ、仕方がない、と思ってくれるような関係でいたいものだ。


いじめない子どもの親は、やはり立派な人なのかな?
いじめられる子の親には、それなりの原因があるのかな?

子どもも大人も、いろんな気持ちを隠し持っている。
親に原因があるときも、あるだろう。
私を親に持つ我が子を、不憫に思ったことも何度もある。


でも、我が子にいじめられる子どもの気持ちに、敏感になりたい。
ならなくちゃ、いけない。
そうしないと、我が子も、自分がいじめている子どもがどんなに悲しいか、わからないだろう。



ママ、今日も1日、ご苦労様。

我が子が友達と仲良く遊べるか、気になるよね。
そして自分自身も、子どもの遊び相手の親とうまく付き合えるように、気を使っている。


ありがとう、我が子のために、相手の親にも心配りしてくれて。
気の合わない方とも、うまくやってくれて、
ママ、お疲れ様!


医療費をクレジットカードで払える病院
posted by ちほりん at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byシングルマザーへ、ママありがとう♪All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。